ブログ

ブログ詳細

講師として。


こんにちは。講師の中村です。今回は学校生活について記事を書かせていただきたいと思います。

私は大学で、アメリカンフットボール部(以下、アメフト)という部活に所属しています。

 

 

皆様はアメフトというスポーツをどの程度ご存知でしょうか?やはりラグビーとの違いがわからないという方もいらっしゃると思います。原理はラグビーと近いのですが、アメフトではボールを持ったキャリアにタックルすると、その時点でプレイが止まり、チームが集まってミーティング(huddle)し、次のプレイにつなげます。
一回毎にプレイが変わるので選手にはラグビー程の持久力は求められませんが、その代わり瞬間的な筋力を発揮すること、が求められます。
また、オフェンス、ディフェンス共に各選手がどのように走るか、誰をブロックするかといった「アサイメント」があらかじめ決まっています。このアサイメントには相性があって、互いの策をいかに読み、潰していくかといった知略を巡らせることも重要です。つまり、頭でっかちでもうまくいかず、単純に体を鍛えるだけでもタッチダウンを取ることは難しい、かなり特色のあるスポーツです。

 

 

この時点で、このスポーツにあまり好印象を抱かない方が少なくないと思います。
そんなに難しいスポーツやってて学校でついていけるの?
練習も練習後のミーティングも長くて面倒くさそう。
そこまでして部活に打ち込む意味がわからない。
等、疑問や不安から新入部員がなかなか増えず、難儀することもしばしばあります。
しかし、部活動に関してであれば、大学という高等教育機関であれども、やはり学業を修めることが本文であり、部員一同それを忘れたことはありません。試験が近い時には学業に打ち込み、シーズンオフの期間には学生生活を満喫できます。
また、個性豊かな部員が多いため、練習時には辛さよりもチームとしての団結力、充足感を覚えることが多く、リーグ戦等で勝利を収めた時の達成感はかけがえのないものとなります。

 

 

ここまではアメフトの紹介や勧誘のようになってしまいましたが、本論です。現在、中学生、高校生で部活動に所属し、ハードな毎日を過ごしている方も多いと思います。生活が辛いと、責任を他のものに押し付けたくなることはあります。しかし、現状を認識して嘆くことも必要ですが、大切なことはそこからどう立ち直るかということです。惰性で続けるだけでは、何も改善しません。退部する、やるべきことを絞る、集中する時間を確保する、時間を有効に活用する…etc、両立する手段は人それぞれあります。中学生や高校生の期間は、大学生と異なり三年間と大変短いです。そんな中で自分に言い訳ばかりしていたら時間がもったいないと思いませんか?

 

 

一回きりの人生で、人として最も成長できるのが中学生、高校生の期間です。様々なことに挑戦するとともに、是非人間としての奥行きを培っていってください。

 

 

                                               文責 : 中村彰宏

 

城南コベッツ(個別教室) 京成津田沼校

住所 〒275-0016 千葉県習志野市津田沼4-1-29 棒やビル1階
アクセス 京成電鉄 京成津田沼駅 徒歩4分
TEL 047-408-4480
営業時間 14:00~20:00
お休み 日曜・祝日
当店Facebookはこちら http://on.fb.me/1FhVapu
  • facebook