ブログ

ブログ詳細

あったらイイね!?


初めまして、講師の中村です。初めて記事を書かせていただきます。

夏休みもそろそろ折り返し、二学期(もしくは後期)の足音が聞こえるようになりましたね。
受験を控えた方々は暑さを振り払って机に向かっていることと思います。

さて、勉強といえば、夜遅くまで取り組むためにコーヒーを嗜んで気合いを入れる方も少なくないと思われます。
ここで、コーヒーを飲むことに対して一つ気をつけていただきたいことがあります。(この症状には個人差もあります)

日頃からコーヒーを適量飲んでいて、異常はない。という方ならよいのですが、試験だからと張り切って夜間にコーヒーを大量に摂取すると、時折、鈍い痛みを腰に感じるようになるかもしれません。
これは、「カフェイン拘縮」と呼ばれる現象で、なんとコーヒーを飲むことで筋収縮が起こることが原因です。
理科の授業で、筋収縮が生じるのは活動電位が筋小胞体からカルシウムイオンを放出させ、これが筋収縮を引き起こすことを学習した方もいらっしゃるでしょう。
なんと、カフェインにもカルシウムイオンを放出させる効果が備わっているのです。
このため、コーヒーを過剰に摂取してしまうと、持続的に筋肉が収縮し、腰をはじめとして様々な部位に筋肉痛を感じるようになるのです。
この他にも、カフェインには交感神経を刺激するため、摂取することで目が冴えて眠れない…という方もいらっしゃると思います。
こちらの症状には、牛乳やヨーグルト、ゴマなどを睡眠前に召し上がっていただくと、カルシウムの働きで解消されます。

長くなってしまいましたが、勉強に励むことはよいことですが、外因子に頼りすぎるのは決して良いこととは言えません。
自身の身体に無理のないよう、必ず休息は確保するようにしましょう。
それでは、暑さに負けず、元気に夏休みを活用しましょう。

                                                   中村   彰宏

城南コベッツ(個別教室) 京成津田沼校

住所 〒275-0016 千葉県習志野市津田沼4-1-29 棒やビル1階
アクセス 京成電鉄 京成津田沼駅 徒歩4分
TEL 047-408-4480
営業時間 14:00~20:00
お休み 日曜・祝日
当店Facebookはこちら http://on.fb.me/1FhVapu
  • facebook